最後の挨拶

お見合いにおいて最初の挨拶の次に大切なのが最後の挨拶だと言えます。最初の挨拶や途中の会話などで大体のあなたのイメージは既に決まってしまっていますが、もしかしたら最後の挨拶をきちんとすることによって悪いイメージが挽回できる可能性もありますし、逆にせっかくお見合いの中で良い印象を持たれていたのに最後の挨拶がちゃんとできなかった為に悪い印象に変わってしまうなどということも考えられます。終わりよければ全て良しという言葉もあるように、やはり最後の締めくくりの部分はとても大切なのです。

しかし最後の挨拶に関して難しいようなことは一切ありません。常識的な部分さえ守れば何も問題ないのです。どのような場合でも共通してやるべきことは、本日は有り難うございましたと感謝の気持ちを相手に伝えることです。笑顔と相手に伝わる大きな声でできればなにも問題はないでしょう。そしてお見合い相手にまた会いたいと感じたならば、率直にまた是非お会いしたいですということを伝えましょう。もし今回のお見合いで縁を感じなかったという方にはお気をつけてお帰り下さいと伝えれば大丈夫です。良縁に繋げたいという場合は特に、最後の挨拶の表情や言葉は印象に残りやすいので相手に好印象を持ったまま帰ってもらえるように心がけましょう。

メインメニュー

サブメニュー